『RemoteView(リモートビュー)』の料金・評判・口コミ・事例について

『RemoteView(リモートビュー)』の料金・評判・口コミ・事例について

インストール不要!速くてスムーズ!国内18,000社以上の導入実績

インストール不要で遠隔アクセスを実現させる

リモートアクセスツール「RemoteView(リモートビュー)」とは?

Remote Viewとは、クラウドで利用できるリモートデスクトップツールです。
自宅や外出先など離れた場所からでもオフィスのPC・自宅のPCをセキュリティを維持しながら
スピーディーに遠隔操作することができ、リモートワークの導入を利便性とセキュリティの面からサポートします。
PC以外にスマートフォンからも利用ができ、いずれも高いセキュリティ性能のため、
出張先や万が一の災害時にも活用することができるサービスです。

他サービスとの差別化ポイント

「RemoteView(リモートビュー)」の特徴
他のリモートアクセスツールと異なる点

  • 特徴01

    専用ソフトの
    インストール不要

    Remote Viewは専用ソフトをインストールする必要なく手軽に利用することができます。 クラウドで利用できるため、時間や場所の制限を受けることなくブラウザから簡単に会社や自宅のPCを操作することが可能です。 PCはもちろんiPhoneやiPad、Android端末からでも利用することができるので、リモートアクセスするためにPCを持ち歩く必要もなくなります。

  • 特徴02

    遠隔画面
    ロック機能に対応

    Remote Viewには遠隔画面ロック機能が搭載されています。 遠隔操作において懸念される「操作画面の覗き見」を防止することができるため、セキュリティ性を高めることが可能です。 Remote Viewの画面ロックは他社にはない高い成功率を誇るため、いざという時に機能しない可能性は非常に低いといえます。 「モニター電源制御方式」「ブラックレイヤー方式」 「モニター信号遮断方式」と運用企業にあったロック方式を選択することができます。

  • 特徴03

    シンプルモードで
    見やすく操作しやすい

    Remote Viewが選ばれる理由に、シンプルで使いやすい操作性が挙げられます。 どんなに遠隔地から操作ができるとしても、動作が重くてはただストレスになり、効率的な業務も難しいものです。 Remote Viewはアイコンがわかりやすく、メニュー方式が操作しやすいためスムーズに運用することができます。 対応しているデバイスやブラウザの種類も多いため、導入ハードルが低いサービスといえるでしょう。

料金・比較

「RemoteView(リモートビュー)」
料金とリモートアクセスツールとの比較

Remote Viewは低コストな3タイプのプランを提供しています。

ASPタイプ
ID登録·設定費用:6,000円
年間利用料:12,000円/AGENT

サーバソフトタイプ
基本サーバライセンス:要問い合わせ
年間保守サポート:要問い合わせ

アプライアンスタイプ
スタンダードパック:1,080,000円(50ユーザー)
年間保守サポート:216,000円

「RemoteView(リモートビュー)」
類似サービスとの
比較表

導入した企業のリアルな声は?

「RemoteView(リモートビュー)」
導入事例・評判

  • 事例01

    栃木県庁様

    強固なインフラでテレワークに貢献しています

    働き方改革の一環としてテレワークを導入することとなり、セキュリティを高めながら円滑にテレワークが行えるツールを探していました。 RemoteViewは段階的に導入していったのですが早くも効果が表れていますね。 決裁の申請などがリモート環境でもできるようになったりと職員の働き方に対する意識改革に繋がっていると感じています。 在宅勤務でも普段と変わらない働き方ができることをRemoteViewは気づかせてくれたツールですね。

  • 事例02

    損害保険ジャパン株式会社様

    スムーズに導入できました

    新型コロナウイルスによる感染症対策として、セキュリティを意識したテレワークの導入が望まれていました。 RemoteViewは専用のソフトウェアをインストールすることなく導入できたので、導入から運用までが非常にスムーズでした。 画面転送ができるため自宅PCにデータを残さず業務ができることも導入メリットだと感じています。 また、自宅PCと社内PCを直接接続しないで利用できるため、ウイルス感染などのセキュリティリスクがない点もよいですね。

仕組み

RemoteView(リモートビュー)の仕組み

RemoteView(リモートビュー)はどうやって使うの?使い方の流れ

RemoteViewは管理者側では「アカウントの確認」や「セキュリティ機能の設定」「ユーザーの登録」などを行います。
ユーザー側では「ログイン」「遠隔対象端末の設定」「遠隔接続・制御」などを行って
実際にリモートアクセスを可能とします。

FAQ

「RemoteView(リモートビュー)」
関するよくある質問

標準ビューアから接続できない場合はどうすれば良いですか?
旧バージョンのMacOSを利用している場合は、既にインストールされたOpenJDKをアンインストールし、過去のバージョンをインストールしてください。
遠隔地にあるPCを監視することができますか?
ライブビュー機能によって登録されている遠隔地デバイスのモニターを一覧で確認することが可能です。
利用者のログは確認できますか?
RemoteViewはユーザーの接続ログ、統計情報を提供しています。リモートPCのログ表示から確認することが可能です。
最新版の利用にはアップデートの必要はありますか?
Agentに搭載されている自動アップデート機能によっていつでも最新バージョンをご利用いただけます。

word of mouth

口コミ・評判

満足度

メーカー/会社規模:101〜300名

自宅のブラウザから社内環境を再現できます

良いところ、使いやすい点等

ソフトインストールがいらない
セキュリティ対策がしっかりしている
段階的に権限設定ができるところ

改善してほしいところ、不便に感じた点等

どうしても遅延は発生する
時間帯によって安定性が異なる
二段階認証などさらなるセキュリティの強化

導入して解決できた課題や得られた成果等

初期設定を済ませれば自宅から社内と同じような環境を構築できます。
多少の遅延はありますが、専用ソフトをインストールしなくても各自PCのブラウザでリモートワークができるので急なテレワーク化にも対応できました。